横浜ではんこを買うときに知っておきたいポイント

2020-09-04
印鑑22

はんこが必要になったときにはどの業者で買うかで悩むでしょう。横浜ではんこを買いたいときには知っておくと役に立つポイントがたくさんあります。この記事ではその中から特に重要なものをピックアップして紹介します。

満足できる買い方をできるようにするために、何を理解しておくと良いのかをこの記事を通して学んでおきましょう。

業者によって取り扱うはんこが違う

印鑑31

まず横浜にははんこの取り扱い業者がたくさんあるので、比較検討して選ぶことが重要になります。その際に最優先する必要があるのが、どのようなはんこを求めているかを考え、その種類のはんこを取り扱っている業者を探し出すことです。

はんこの取り扱い業者は千差万別で、既製品の認印しか販売していないこともあれば、既製品の取り扱いは一切なくて全てオーダーメイドという場合もあります。実印に使えるような秀逸なデザインのはんこを作れる業者もあれば、シャチハタスタンプがメインのところもあるなど、業者による違いがとても大きいので注意が必要です。

実印や銀行印などを制作してもらう場合には特に比較が重要で、どんな文字を彫り込めるのか、どのくらいのサイズのはんこなら作れるのか、本体に使う素材は何を取り扱っているかなどが異なります。納期にもかなりの差があって、基本的に数時間で納品してくれるところもあれば、数日から一週間以上もかかるところもあります。

どのような作り方をしているかによって納期にも出来栄えにも差が生じるため、必ず業者に問い合わせをして納得できるかどうかを確認しましょう。プラスチック製のはんこは即日対応だけれど、チタン製のはんこは一週間といったケースも少なくありません。

さらにははんこのサイズ次第で納期が変動することもあります。使用する素材やはんこの仕様によって納期が大きく異なる場合があることを念頭に置いて、可能な限り詳細を決めてから問い合わせをするのが良い方法です。

はんことはいわないの?銀行印の購入や管理で気をつけること

はんこは通販でも購入可能

横浜では店頭ではんこを取り扱っているところがたくさんあるのは確かですが、通販でも買えることは知っておいた方が良いでしょう。

はんこの通販は全国的に利用できるようになっています。印影のデザインや使用するはんこの本体の素材などの打ち合わせをメールベースで行った後、完成したはんこを郵送してもらえるのが一般的なサービスです。横浜市内に住んでいたとしても、住所によっては近くにはんこの取り扱い業者が見当たらないこともあるでしょう。

昼間は忙しくてはんこ屋が開いている時間帯に店頭まで行けない場合もあります。

そのような際には通販で購入する方法も検討してみるのがおすすめです。また、インターネット上で印影のデザインや本体の素材などを指定して支払いも済ませてしまい、店頭で受け取るサービスもあります。横浜にもインターネットで注文を受け付けていて、引き取りは店頭で構わないという業者が複数あるので検討してみましょう。

郵送や宅配便で送ってもらうと時間がかかってしまいますが、店頭引き取りなら一日か二日くらい早めにはんこを手に入れられます。注文したときに完成する予定の日時を知らせてくれるので、それ以降に店頭に行けばはんこを納品してもらえます。

横浜駅周辺にあるはんこ業者の使い方のコツ

横浜駅周辺は人が集まるエリアで、ビジネス街も広がっていることからはんこ業者が多いエリアです。横浜駅周辺にあるはんこ業者で買いたいと思ったときには知っていると役に立つコツがあります。

駅周辺は大きく分けるとビジネス目的を考えたはんこ制作を手掛けている業者と、急ぎで認印が欲しいときに対応できるスピード重視の業者があるのが特徴です。社印を作らなければならない、イベント用に特殊なスタンプを用意したいといったときには前者を選び、書類に捺印をすぐに押さなければならないけれど今は手元に印鑑がないというときには後者を選ぶのが適切です。

このような分類をして候補を予め探しておくと、困ったときにすぐに相談や注文ができます。また、横浜駅周辺のはんこ業者は競争も激しいことから価格を重視している業者も少なくありません。少しでも安い価格ではんこを作りたいときには見積もりを取って比較しましょう。

プラスチック製のはんこのようにもともと安い場合にはあまり大きな差にはなりませんが、チタン製や天然石製などにする場合には相見積もりをするとかなり安上がりになるでしょう。時間的に余力があるときには可能な限り多くの業者で比較して決めるのが賢明です。

安さと早さと便利さのバランスを考えよう

このように横浜ではんこを買おうとすると選択肢が豊富なのでニーズに合った買い方が可能です。希望している種類のはんこの取り扱いがある業者が複数あったときには、安さと早さと便利さのバランスを考えて決めましょう。

安いに越したことはないですが、必要なタイミングに間に合わなかったら意味がありません。また、急ぎではないのならインターネットで注文して自宅に郵送してもらえた方が便利とも考えられるでしょう。これから横浜駅に行って商談先へ向かうというケースなら、インターネットで注文しておいて道すがらに店頭で引き取るのが便利かもしれません。

状況に応じて適切なサービスを提供している業者を選び出しましょう。

目的を決めてから業者を選ぶのが肝心

適切なサービスが何かよくわからないときには目的を明確にしましょう。はんこを買わなければならないシーンでは書類への押印が必要なケースがほとんどです。その書類がどのようなものかに応じて種類が決まり、押印が必要な時期に応じて納期の要件が決まるでしょう。

社印のように長期的に使うものの場合には秀逸なデザインにしたいという希望があるかもしれません。デザインにこだわるなら印影のデザインが得意な業者の中から決める必要が生じます。このようにして何が必要かを一つずつ丁寧に考えていくと、業者に求めなければならないポイントがはっきりとします。

それに基づいて業者を選べば納得できる形ではんこが手に入ります。

小中学校で活躍するハンコについて

横浜ならニーズに合った形ではんこを買える

印鑑39

横浜では駅周辺を中心として多くのはんこの取扱業者が集まっています。どのような種類のはんこが必要なのか、予算はいくらでどのタイミングで必要になるのかをよく考えてから業者を選びましょう。通販を利用できることも考慮すると横浜ならニーズに合った買い方ができます。

目的をはっきりと決めれば納得できる業者が見つかるでしょう。