小中学校で活躍するハンコについて

2020-09-15
印鑑10

ハンコは日本社会全体で広く使われていますが、特に学校で、それも義務教育である小学校や中学校でよく活用されることがあります。そこで今回は、主に小中学校でハンコが導入されていることについて詳しく解説していきます。

学校に通う子どもたちや先生、保護者にとって、ハンコはどのような存在なのかということについて見直していきます。

ハンコのサイズの違いについて

ハンコは学校の教育現場でよく使われている

ハンコは、子どもたちが通う日本の学校で役立つ場面が多くあります。確かに近年はテクノロジーが発達し、書類にハンコを押す文化は減少傾向にあるかもしれません。例えば会社や役所では、IT系の機器などが導入されることで業務効率の向上を目指す職場が増えつつあります。

しかしながら、現在も小学校や中学校などでは、意外にもハンコが便利なツールとして機能しているケースが多いです。例えば、児童、生徒が持ち帰る重要な書類やノート、プリント、通知表、連絡帳、試験結果のファイルなどの多くは、保護者がハンコを押すための枠があります。

もちろん一部の授業などでは、教員がPCやパワーポイントなどを使用し、子どもたちのデータを管理することもあるでしょう。ですが今でもまだ学校という社会の内部には、提出物の書類にハンコを押すという伝統は残されていると言って良いでしょう。

学校でハンコが使用される背景

ではなぜ学校でハンコは広く使われているのでしょうか。理由の一つとしては、通学する子ども本人だけではなく子どもたちの保護者と適切なコミュニケーションを成立させる点が狙いです。学校で扱う情報や書類などをすべてIT化してしまうと、子どもが全員上手に使いこなせるとは限りません。

ということは各家庭と学校側との連携がスムーズに取れなくなってしまうリスクもあります。そこで、子どもが保護者からハンコをもらって提出物を持参するシステムにすることによって、教師と児童、生徒だけではなく、それぞれの保護者ともより健全な信頼関係を構築することができます。

子どもたちの健康状態、学習の進捗状況、進路などを確認するためにハンコは必要不可欠なアイテムとなっています。そして何か問題があったときには、周囲が早期に発見する可能性が高まり、トラブルなどへのリスクに対応することができます。

先生たちも使うハンコ

印鑑11

他にも、学校の先生が、子どもたちから受け取った提出物にサインする代わりにハンコを押すことは多いです。特に、小学校や中学校の年齢の子どもたちにとって、手書きでの学習習慣を習得することはとても重要なことです。

学校全体でも連絡帳やプリント、テストなどは専用の紙やノートに手で書くという指導の方針が取られています。インターネットやPCを利用する場合もあるかもしれませんが、基本的に手書きで読み書き計算をさせて知識の定着を目指す教育モデルは、今後も主流であり続けるでしょう。

そうして、教員もフィードバックをするためにハンコをあえて使用し、評価と承認の印としてハンコが機能しているということです。ハンコが押された提出物を返却され、受け取る側の児童、生徒たちも、それを目印として学校生活の指針にするので、そこに所属しているという意識を持つことで子ども同士でもその認識を共有することができます。

学校の組織を回す役割

このように学校という組織を運営するためには、ハンコの文化が重要であるという見方ができるのです。それは、担任制のクラス単位というだけではなく、クラブ活動の顧問やトップの立場にある校長からの証明という意味でもハンコが使われます。

入学や卒業、評価、表彰などにおいて正式な実印としてハンコは活躍するのです。ハンコは、こうした社会での居場所と尊厳を表す象徴として学校以外での場所でも使われることがありますよね。学校、それも義務教育である初等教育レベルの小中学校において、特に登場することが多いハンコの文化は、決して意味がないというわけではありません。

ハンコは保守的であるという議論もあるかもしれませんが、デメリットばかりがあるということでもなく、学校社会をはじめとする様々な場所で大きな役割を果たしていると言えるでしょう。

子ども同士の交流

またハンコには、名前の記録や書類の申請などの実務面だけで価値があるのかというとそういうわけでもありません。教員や保護者が書類のチェックをするためだけにあるものということでもなく、子ども同士でのコミュニケーションツールとしての意義もあります。

例えば文化祭や遠足などのイベントで、スタンプラリーを楽しむということもありますし、子どもの日常生活における遊びに使われたり、保護者や先生からのごほうびとして好きなキャラクターデザインのハンコをもらい喜んだりすることもあるでしょう。

さらに、図工や美術などの授業で、子どもたちが自力でハンコを創作していることもあり、工作のスキルを学ぶプロセスにも活用されるとも考えられます。このように事務処理の作業に利用されるだけではなく、趣味や気分転換を楽しむという娯楽としての機能もあるということですね。

ハンコといっても多様なタイプが存在していて、ケースバイケースで目的に応じ親しまれているのです。

子どもの心への影響

こうして多くのハンコは、いろいろなシチュエーションでたくさんの人々に使われ、社会生活や学校生活の中に溶け込んでいると言えるでしょう。

これによって、大人の社会的責任を示すだけではなく、小中学校に通う子どもたちにも強い心理的な影響を与えているとも分析することができます。

子どもは身体だけでなく精神的も発達の途中にあり、承認欲求が満たされることが必要とされている立場にあります。このような多感な時期に、ハンコによる適正な社会評価を得られる機会があるのは子どもたちにとってもうれしいことでしょう。

自分へと向けたハンコをもらうことによって、社会でのポジションを自覚することができ子どもの自尊心の向上へとつながります。子どもの健やかなメンタルヘルスの育成という視点から考慮しても、ハンコの役目は存在意義があると言えるはずです。

ハンコが果たす役割

日本社会においてハンコの役割は重要な意義があり、特に学校教育の現場では必要なツールとして使われているということですね。そしてその中でも小中学校ではハンコの価値が重視される傾向にあり、教員や保護者だけでなく子どもにとっても大切なアイテムとして機能しています。

日本の伝統文化であるハンコを深く分析すると多くの発見がありました。