町田ではんこを調達するときに知っておきたいポイント

2020-12-10
印鑑62

町田ではんこが必要になったから調達したいと思ったら、どのようにして手に入れたら良いのでしょうか。この記事では調達の仕方や、はんこの選び方など、はんこを手に入れるときに知っておくと役に立つポイント解説します。

町田で比較的容易に選べる方法を厳選して紹介するので、スムーズに手に入れられるようになりましょう。

はんこの文字を変えてみれば様々な用途に使えるアイテムに

はんこを調達する2つの方法

印鑑67

町田ではんこを調達するときには主に2つの方法から選べます。1つは一般的にはんこが欲しいと思ったときに選ばれている方法で、はんこの制作会社に依頼して作ってもらうやり方です。もう一つははんこや文房具などのメーカーが製作した既製品を購入する方法です。

オーダーメイドで依頼して作ってもらう方法は、他にはないたった一つのはんこを調達できるのに対して、既製品の場合は、同じ印影のはんこが複数存在することになります。そのため、同じ印影のはんこがあってはならない場合には既製品を選ぶことはできず、オーダーメイドで作ってもらわなければなりません。

ただ、一般的にはオーダーメイドの方がはんこの単価が高くなり、手に入れるまでにも時間がかかってしまいます。ただはんこを押せれば十分という場合には既製品を選んだ方がコストパフォーマンスが高いでしょう。

はんこの種類と選び方

二通りの方法ではんこを手に入れることはできますが、どちらを選ぶかで悩んだ際に特に重要になるのは同じ印影のはんこがあるかどうかの違いです。はんこが必要というときには何に使うのかをよく考える必要があります。

はんこには種類があるので、目的に応じて適切なものを選ばないと後悔することになりかねません。大きく分けると実印、銀行印、認印、その他に分類できます。実印は印鑑登録をして印鑑登録証明書に使用するのを主な目的とするはんこです。

個人でも法人でも使うケースがありますが、自分がはんこを押したことを示す重要な証拠になるので偽造されてしまうと問題になります。この場合にはどんなに急いでいたとしてもオーダーメイドで作るのが大切です。銀行印は銀行の届出印のことを指します。

口座の開設や窓口での手続きのときなどに必要になり、口座振替をする際にも捺印が求められるのが特徴です。銀行印も偽造されてしまうと他人にお金を引き出されたり、口座振替をさせられたりすることになりかねません。

オーダーメイドで制作して他には同じ印影のものがないようにすることが必須です。認印は書類に自分が記入した、内容を認めたといったことを示すために使うはんこです。認印は印鑑照合をするようなことはあまりないので、同じ印影のものがあってもあまり大きな支障はないでしょう。

どのような目的の認印かを考え、他に同じ印影のものがあっても問題ないなら既製品でも構いません。その他のはんこには色々ありますが、代表的なのは特定の印影をプリントするためのスタンプです。既製品でも特定のテキストが彫り込まれてるものがたくさんあり、希望する印影のものがあればそのまま使用できます。

「社外秘」「正」「誤」などのようによく用いられているものは既製品が簡単に手に入ります。しかし、社名をプリントしたい、業務効率を上げるために特定の文言をはんこで押せるようにしたいなどといった場合には既製品で調達するのは困難です。

そのため、スタンプ作成に対応しているはんこ業者に依頼して作成してもらうことになります。

はんことはいわないの?銀行印の購入や管理で気をつけること

はんこの作成依頼をするときのポイント

印鑑68

認印が必要なときや既製品のスタンプを使うとき以外はオーダーメイドではんこ作成の依頼をする必要があります。この際にはんこをどのような形で仕上げるかをよく考えてから業者に相談するのがポイントです。はんこを作成するためには印影をデザインするだけでなく、はんこの本体の素材や形状も選ばなければなりません。

見栄えを気にしないのであればプラスチック製の安いものを作れば良いと考えられます。しかし、会社印にするつもりなら、取引先で押印しても威厳を保てるように存在感があってしっかりとしたはんこにしたい場合が多いでしょう。

個人事業主として対外取引もしながら事業を展開していきたいときにも同様です。その場合には、はんこ本体の素材やデザインにもこだわるのが重要になります。最終的に納得できるはんこはどのようなデザインなのかをよく考えてみましょう。

また、自前でデザインするのか、プロの業者に依頼したいのかも検討するのが大切です。町田にははんこの印影、本体のどちらもデザインできる業者があります。自作した印影のデザインに従って製作してくれる業者もあるので、希望を明確にしてから業者を選びましょう。

はんこをすぐに作りたいときのコツ

はんこを作りたいと思ったときにかなり急いでいる場合もあるでしょう。

町田ではスピード対応をしているはんこ業者もあるので検討してみるのが大切です。対応が早い業者では予めウェブ上から連絡をしておいたり、電話で事情を伝えておいたりすると店舗に到着する前からはんこ作りを開始してくれます。

はんこを作る専用の機器を持っているので、急ぎの対応なら数十分後には納品してもらうことが可能です。駅の近くの便利な場所に立地している業者もあるため、手に入れたはんこを持って取引先に行くようなシーンでも活用できます。

費用対効果を求めるなら相見積もり

はんこの制作依頼をするときには相見積もりをすると費用対効果が高くなります。デザインを依頼した場合には業者によってどのような姿になるかが異なるため、比較してみると最も魅力的なものを選べるでしょう。費用や納期も業者ごとに違いがあるので比較してみるのは重要です。

納期は都合に間に合うことを優先する必要がありますが、費用についてはほとんど同じ印鑑なのに10%以上も高いということもあるので注意しなければなりません。相見積もりを取って冷静に比較してみると最も満足度が高い業者に発注できるでしょう。

ただし、デザインについては見てから判断せざるを得ないので、候補を絞り込んでからデザインだけまず依頼するのが賢明な判断です。

町田でのはんこ作りは簡単

はんこを調達するときには何に使うものなのかを明確にして、既製品で済ませられるかどうかを考えてみましょう。オーダーメイドで作るのも町田では特に難しいことではありません。費用対効果が高いはんこ制作の依頼をできるようにするために相見積もりを取るのが肝心です。

急ぎのときには業者に連絡してから店舗に向かうようにしましょう。